ねずみ駆除のあれこれ

  • TOP
  • ねずみ駆除のあれこれ ネズミ 死骸

ネズミ 死骸

ようやく退治できたもののその後にはネズミの死骸を処理するという最大の難関が待っています。捕獲式の罠でつかまったネズミはまだ生きていることも多く、処理の際に噛みつかれたり逃げられたりすることもあるためしばらく放置しておくと、今度は腐敗した死骸が悪臭を放ったり寄生してダニが発生、またはネズミに寄生していたダニがネズミの死骸から離れ室内に移動して人が刺されるという最悪の状況になることも予想されます。 ネズミの死骸はできるだけ素早く安全かつ衛生的に処理するに越したことはありません。対処としては死骸を見つけた場所や巣と思われる場所、およびその周辺に、ゴキブリ用エアゾールなどを使用して消毒を行うといいでしょう。 罠にかかったネズミは予想外に大きく体長はクマネズミだと体長14~24㎝、ドブネズミだと18~28㎝もあります。ネズミの死骸を処理した体験者談ですが、用意したコンビニ袋に尻尾がはみ出てしまうほどの大きさで、死んでいても恐ろしくて手が出せるものではなく、まだ生きているとなれば、噛まれる危険もありなおさら手が出せません。できるなら手を煩わさないで処理できるのが望ましいものです。ここはやはり捕獲からネズミの死骸の処理まで任せられる専門業者にお頼みするのが一番という結論になりそうです。

ネズミ駆除業者おすすめナビ一押し

おすすめねずみ110番

ねずみ110番

サイト名 ねずみ110番
URL http://www.interdependenceday.net/
TEL 0120-701-261
  • 公式HPはこちら
  • 徹底分析はこちら

ねずみ駆除のあれこれ

ページの先頭へ