ねずみ駆除のあれこれ

  • TOP
  • ねずみ駆除のあれこれ ねずみを捕らえて駆除する方法

ねずみを捕らえて駆除する方法

捕らえて駆除するのはどんなメリットがあるの?

ねずみを駆除する時、手間を掛けずに駆除するなら、ねずみのよく食べる餌に殺鼠剤を入れて駆除する方法がありますが、毒餌は万が一の誤飲や混入のリスクがある場所では、危険なので使えないことが多く、特に食品を扱う場所やペットがいる場所では殺鼠剤を使用できないことが多いです。殺鼠剤についてはクマネズミが薬剤耐性を持ち始めてスーパーラットと言われている状況も無視できません。また、ねずみを殺しはしなくてもその場から遠ざけるために使われる、ねずみが嫌う超音波を放出する機械での駆除は、一時的な効果があっても、ねずみが超音波に慣れてしまうと、また戻ってくることも考えられます。そこで使われるのが、ねずみ専用の罠です。

毒を使わない罠にはどんなものがあるの?

毒を使わずにねずみの駆除を行なう場合にイメージされるのは、ねずみの脚を挟み込むバネ式の罠だと思います。アニメや漫画でもねずみ捕りの代名詞のようになっているものですが、近年はより確実にねずみを捕獲して駆除できるように、色々なタイプの罠があります。まずひとつ目がねずみ駆除用の粘着シート。シートの表面に非常に強力な粘着剤が塗りつけてあり、この上をねずみが通ると足や体がシートにくっついて取れなくなるとい仕組みだす。もう一つ、よく使われるのが箱型のネズミ捕獲器です。これはねずみの餌を取り付けた金具にねずみが触れた瞬間、出入り口を封鎖するという仕組みになっています。

設置には工夫が必要

箱罠やねずみ専用粘着シートを、ただ漫然と設置するだけでは、ねずみの駆除は実施できません、実はねずみというのは大変警戒心の強い動物なので、自分の住んでいるエリア内に置かれた見慣れない物体にしては警戒してしまい、なかなか近づこうとしないのです。特にクマネズミはその傾向が強いと言われています。そこで、罠を仕掛けるのならしかけるなりの工夫が必要です。例えば、箱罠の場合は最初は餌を取っても罠が作動しないようにしておき、餌を取りに来ることに慣れさせてから罠が作動するようにするというテクニックが必要です。粘着シートの場合、ねずみの通り道や侵入口を埋め尽くすように緊密に埋め尽くさないとシート同士の隙間から抜けだされる恐れがあります。いずれにせよ、罠を使うなら使うなりの工夫がなければ、成果を上げることは難しいでしょう。

ネズミ駆除業者おすすめナビ一押し

おすすめねずみ110番

ねずみ110番

サイト名 ねずみ110番
URL http://www.interdependenceday.net/
TEL 0120-701-261
  • 公式HPはこちら
  • 徹底分析はこちら

ねずみ駆除のあれこれ

ページの先頭へ