ねずみ駆除のあれこれ

  • TOP
  • ねずみ駆除のあれこれ 殺鼠剤を使う場合の注意点

殺鼠剤を使う場合の注意点

毒餌として用いられます

殺鼠剤というのは、文字通りネズミを殺す薬剤のことで、ゴキブリをはじめとする害虫駆除でも、同じように殺虫剤がよく使われていますから、そのネズミ版と考えると分かりやすいでしょう。ネズミの駆除には大きく分けてネズミ捕りなどで捕獲して処理するタイプと、燻煙式の薬剤などを焚いて追い出して侵入防止するタイプ、そして毒餌で一網打尽にするタイプがありますが、今回はその毒餌の使い方について見ていきます。

最初は油断をさせる

ネズミの嗅覚は大変敏感です。また、警戒心が強く、見慣れないものが縄張り内にある場合は近づかないという習性もあります。これは他のネズミ対策にも通じることなのですが、罠にしろ殺鼠剤入りの毒餌にしろ、始めはネズミが警戒しているため成果が上がりにくいことがあります。しかし、だからといってネズミ駆除を諦めては行けません。毒餌の場合、殺鼠剤成分と可食部分に分かれますが、まずはその中の可食部分だけをネズミのテリトリー内に置くのです。はじめは警戒していても、それが害のないただの餌だとネズミが気づくと、警戒心が薄れて食べるようになります。そうしてしばらく様子を見た後で、殺鼠剤入りの餌に変えることで、効率よくネズミ駆除を行なうことが出来るのです。

使う場所には要注意

毒餌の利点は、何と言ってもネズミが死んでからの対処になるというところにあります。ネズミ捕りなどで捕獲した場合、その中にいるネズミを処分しなければいけません。粘着シートにしろ箱罠にしろ、まだ生きているネズミの息の根を止めるというのは、慣れている方でないと逃げられたり、噛まれたりする危険があります。その点殺鼠剤入りの毒餌なら、ネズミが死んでからの対応になるため、まだ危険性が少なくなりますし、場合によっては室外に出てから息絶えることもあるため、室内でネズミを見ることなく、駆除が完了する場合もあります。ただし、ネズミ駆除に使用される殺鼠剤にはワルファリンという成分がよく使われていますが、これは他のペット、もしくは乳幼児などが口にしても作用するものです。また、食品を扱う場所では、ネズミが運んでいくうちに食材に付着、混入する危険もあるので、毒餌による駆除を行う場合は、その場所で毒餌を使うことが重大なリスクのもとにならないかどうか、ネズミ対策の専門業者ともよく話し合った上で決定されるのがおすすめです。

ネズミ駆除業者おすすめナビ一押し

おすすめねずみ110番

ねずみ110番

サイト名 ねずみ110番
URL http://www.interdependenceday.net/
TEL 0120-701-261
  • 公式HPはこちら
  • 徹底分析はこちら

ねずみ駆除のあれこれ

ページの先頭へ