ねずみ駆除のあれこれ

  • TOP
  • ねずみ駆除のあれこれ ネズミの死骸を見つけたときの対処法

ネズミの死骸を見つけたときの対処法

ネズミの死骸は放置できません

殺鼠剤などを利用してネズミの駆除を成功させた場合はネズミの死骸が残ります。これはネズミの対策で粘着シートやカゴ式の罠を利用した場合でも同じです。
ネズミの対策で設置したシートなどの上で死骸となってしまいますし、ネズミの対策として通り穴や通り道をコーキング材で塞いだ場合も中にネズミが残っていた場合は餓死してしまうでしょう。屋外でネズミが死んでいる場合もあるかと思います。
この死骸を放置することはもちろんいけません。異臭などの原因になります。
しかしネズミの駆除を依頼した場合には業者が死骸も処分してくれますが、ただネズミの死骸だけを処分してくれるネズミの駆除業者はあまりありません。そのためにネズミの死骸を見つけてしまった時に自分でできる対処法について今回はご紹介いたします。

直接手で触れてはいけません

もしネズミの死骸を見つけたとしても、直接手で触れてはいけません。これはどんなネズミの駆除、ネズミの予防のネズミの体には病原菌やダニが大量に住み着いている恐れがありますし、糞や尿が近くに飛び散っている可能性があるからです。
そのためにネズミの駆除、ネズミの予防をする業者はマスク、手袋の装着を徹底します。もしネズミの死骸を見つけた場合には皆さまもこの装備をちゃんと使用しましょう。

ゴミとして出しましょう

ネズミの死骸は基本的にはゴミとして処分をすることが可能です。
台紙シートなどの上で死んだ場合は、そのシートに包んで処分をします。殺鼠剤で死んだ場合には新聞紙に包んで処分です。殺鼠剤で死んだ場合にはネズミの死骸に手袋越しでも触らないといけませんので注意をしましょう。
死骸を入れたゴミ容器やビニール袋はしっかりと密閉しないといけません。死骸を庭に埋めるということは止めましょう。異臭の原因になりますし、ペットの犬や猫が掘り返す可能性があります。
よく自治体の取り扱いを確認して、ゴミとして出せる場合はゴミとして出しましょう。分からない場合は自治体に問い合わせると、どうしたら良いのかのアドバイスを受けることができます。
皆さまの健康や衛生状況に大きく関わることですので、ネズミの死骸を見つけた場合には今回ご説明したように安全に対応しましょう。

ネズミ駆除業者おすすめナビ一押し

おすすめねずみ110番

ねずみ110番

サイト名 ねずみ110番
URL http://www.interdependenceday.net/
TEL 0120-701-261
  • 公式HPはこちら
  • 徹底分析はこちら

ねずみ駆除のあれこれ

ページの先頭へ