ねずみ駆除のあれこれ

  • TOP
  • ねずみ駆除のあれこれ こんな所も通れるの?!びっくりするねずみの侵入経路

こんな所も通れるの?!びっくりするねずみの侵入経路

僅かな隙間をくぐり抜けるネズミたち

多くの被害をもたらす害獣達は、その侵入を防ぐのが一番です。侵入されなければ、少なくとも家の中で被害に遭うことは避けられます。しかし、それが困難な害獣もいます。それがネズミなのです。
ネズミは、小さなものなら体長数cmしかありません。さらに運動能力も高いため、硬貨ほどの僅かな隙間からでも侵入してしまう事があります。私たちにとっては小さな穴でも、ネズミの侵入経路に利用されてしまう事があるため、徹底的に侵入口を塞がなければいけません。

ネズミごとの侵入経路

ネズミの中でも、特に要注意なのがドブネズミ・クマネズミ・ハツカネズミの三種類です。それぞれに大きさも違えば運動能力なども異なりますので、それぞれのネズミは侵入経路の特徴も異なります。ここでは、ネズミの種類ごとにその経路を見ていきます。

・ドブネズミの侵入経路
ドブネズミはこの三種類の中では体が大きく、湿った場所を好むといった特徴があります。そのため、床下の通風口であったり、トイレやキッチンの配管を伝って侵入することが多いようです。その反面、高い場所からの侵入は少ないようです。

・クマネズミの侵入経路
クマネズミは運動能力の高さが自慢です。そのため、天井裏のネズミもクマネズミの場合が多いようです。ネズミ退治をしなければ、屋根や瓦の隙間や屋根に続く排水パイプなど、あらゆる場所から侵入される危険があります。

・ハツカネズミの侵入経路
小柄なハツカネズミも、その体の小ささを活かしてあらゆる場所から侵入する恐れがあります。珍しいケースではありますが、荷物に紛れ込んで入り込んでしまうケースもあるようです。

侵入経路を突き止めてネズミ駆除を

床下の通風口から屋根の上まで、ネズミたちはあらゆる場所から狙っています。場合によっては、自らかじって侵入口を作り出してしまう場合もあり、生半可なネズミ退治では侵入を完璧に防ぐことはできません。老朽化した建築物なら、隙間の数も無数にあるかもしれません。
一般の方ではネズミ駆除のためにできることは限られています。侵入経路を塞ぐにしても、小さな隙間は見落としてしまいますし、屋根の上などの施工は危険を伴います。また、前述のように食い破られてしまうこともあるでしょう。
ネズミの生態を知ることで効率的な侵入対策を行うことも可能になります。また、床下や天井裏のネズミなど、普段目に見えない場所に潜んでいるねずみ駆除のことを考えることもできるでしょう。

ネズミ駆除業者おすすめナビ一押し

おすすめねずみ110番

ねずみ110番

サイト名 ねずみ110番
URL http://www.interdependenceday.net/
TEL 0120-701-261
  • 公式HPはこちら
  • 徹底分析はこちら

ねずみ駆除のあれこれ

ページの先頭へ