ねずみ駆除のあれこれ

  • TOP
  • ねずみ駆除のあれこれ ねずみ駆除に毒餌を使う時の注意点

ねずみ駆除に毒餌を使う時の注意点

ねずみ駆除の切り札…のはずなのに

ネズミは他の害獣と異なり、法令による駆除の規制が設けられていないので、殺傷を伴う駆除も許可されています。そのため、ネズミには毒餌を使った駆除が行われることもしばしばです。捕獲の場合は、ネズミが警戒してしまえばそれで終わりですが、毒餌なら、ネズミの好物などに毒を混ぜ込むことでネズミ駆除が可能になっていますが、中々この効き目が現れない事があります。
実は、ネズミ駆除に毒餌を使う場合、色々と気をつけなければいけないことがあり、ただ毒餌を置くだけでは効き目が現れないことがあるのです。

ネズミの好物に少しずつ混ぜる

いきなりネズミ駆除をしようと、毒を仕込んだネズミの好物を置いても、実はネズミは食べようとしません。ネズミの嗅覚は鋭く、また突然置いてある毒餌に対して強い警戒心を持っていますから、毒餌を置いても効果が現れません。
これは他のネズミ捕りでも同様です。
ネズミ駆除業者の場合、まず毒を仕込まない普通の餌を設置し、それになれさせてから徐々に毒の分量を増やすことで、効果的にネズミに毒餌を食べさせる工夫をしていることが多いようです。
また、出ているネズミがクマネズミの場合、毒餌による駆除もかなり大変な部類に入ります。なぜなら、クマネズミの中には毒餌に対する抵抗性が非常に高いもの、通称スーパーマウスが居て、それに対しては毒餌も聞きにくく、他のネズミ捕りの罠も回避されてしまう危険があります。
もちろんこれらのネズミに対抗できるように、通常使用される毒餌以外にも、違う種類の毒を利用した毒餌を使用することもあるようです。

設置場所も考慮する

ネズミは狭い場所を好む習性がありますが、その関係で、室内の真ん中などを通ることは滅多にありません。
毒餌を設置する際にもこれは関係してきますが承知しました、壁際に置くほうがネズミが喫食する可能性は高くなります。
また、設置場所を頻繁に変えると、ネズミが警戒心を解く前にまた新しい餌となるので、中々口を漬けないことも考えられますから、一度設置した餌は、しばらくそのままにしておくことも必要です。

ネズミ駆除業者おすすめナビ一押し

おすすめねずみ110番

ねずみ110番

サイト名 ねずみ110番
URL http://www.interdependenceday.net/
TEL 0120-701-261
  • 公式HPはこちら
  • 徹底分析はこちら

ねずみ駆除のあれこれ

ページの先頭へ