ねずみ駆除のあれこれ

  • TOP
  • ねずみ駆除のあれこれ ハツカネズミの生態と駆除のポイント

ハツカネズミの生態と駆除のポイント

わずかな隙間がネズミを入れる

ネズミは体の小さな動物です。ネズミが侵入するために必要な隙間は、直径1.5センチもあれば十分だといわれています。そのため築年数が経った一軒家などの建物において、ネズミの侵入経路を塞ぐとなると非常に困難です。建造物には通気口や経年劣化によるひび割れ、歪みなどによる隙間ができている場所があります。それがネズミの侵入経路となってしまっているのです。ほかにも、エアコンなどさまざまな配管の導入部分に生じるわずかな隙間から侵入するケースはとても多いようです。換気扇の動きが悪い場合なども侵入口になりえます。床下の通風口は簡単に侵入されてしまいます。金網やネットなどで塞いだ後も、劣化をすれば侵入を許してしまうので、定期的に点検を行う必要があるでしょう。このように、ネズミにはわずかな隙間さえあればありとあらゆるところから侵入することが可能なのです。すべての侵入口を発見することも非常に困難であり、1.5センチの直径から侵入できるとなると修復も難しいといえます。

殺鼠剤を用いても時間がかかる駆除

ネズミに限らず、害虫や害獣を駆除する方法として知られていて簡単なものは、餌に毒を混ぜる方法ではないでしょうか。ネズミ駆除の場合にも、殺鼠剤はももちろんあります。しかし、設置場所はどこでもいいというわけではありません。ネズミの餌場になっている場所に設置する必要があります。天井などで活動が見受けられる場合のほとんどは、走り回っているために使用しているだけの可能性が高く効果がみられないようなので注意が必要です。ネズミは秋から冬にかけて食欲が増すため、この時期に合わせて殺鼠剤を使用するのが有効です。そして、殺鼠剤をしかけたら焦らず根気強く様子を見る必要があります。ネズミは学習能力が高く、非常に警戒心が強い動物です。新しいものにすぐに近づいてこないこともあります。また、殺鼠剤がなくなっているからといってすぐに駆除できるわけではありません。餌をその場で食べずに隠しておいて後から食べる習性を貯食性といいます。ネズミにはその習性がるのです。殺鼠剤に効果がないわけではなく、持ち帰っているだけでまだ食べていないこともあるために駆除には時間を要します。ネズミ駆除には長期戦を覚悟した方がよさそうです。

超音波によるネズミ駆除の持続性

ネズミ駆除の新しい方法として、最近注目を集めているものがあります。超音波を使ったネズミ駆除です。ネズミの駆除の方法として、ゴキブリなどの害虫駆除と同じように殺鼠剤や忌避剤、ネズミ取りシートなど様々なものがありますが、毒をまくとなるとわたしたちの生活に支障をきたす場合も多く、死骸の始末などは負担であったりします。超音波によるネズミ駆除は、上記のようなデメリットがないため手を出す方が多いようです。わたしたち人間が聞くことのできない範囲のネズミにとっては不快な音を響かせることによってネズミを寄せ付けなくさせる効果を狙っています。確かに効果があるようですが、ネズミ駆除の業界では評価が分かれている方法でもあるようです。超音波に慣れてしまった可能性も否定できませんが、ネズミは学習能力が非常に高いため、不快な音が鳴っているだけで危険性が無いと知ってしまえば、再び侵入してくるようになってしまうのかもしれません。とはいえ、超音波を導入してそのまま効果があるという体験も目にします。長く居座ってしまっているネズミを駆除するのには難しいのかもしれませんが、被害が初期の場合には試してみる価値があるとも言えそうです。

ネズミ駆除業者おすすめナビ一押し

おすすめねずみ110番

ねずみ110番

サイト名 ねずみ110番
URL http://www.interdependenceday.net/
TEL 0120-701-261
  • 公式HPはこちら
  • 徹底分析はこちら

ねずみ駆除のあれこれ

ページの先頭へ