ねずみ駆除のあれこれ

  • TOP
  • ねずみ駆除のあれこれ ネズミのいる家といない家の違いは?ネズミを一掃するポイント

ネズミのいる家といない家の違いは?ネズミを一掃するポイント

ネズミがいる家といない家から学ぶネズミ駆除と予防

ネズミがいる家といない家があります。それはなぜなのでしょうか?
ネズミがいない家にするには3つのポイントがあります。

1、 ネズミのエサとなる食べ物が手に入りにくい環境を作る
いかにネズミにエサとなる食べ物を与えないかが重要です。食べ物を食べたまま放置せず、密閉した容器などに入れましょう。段ボール箱やビニール袋はかじられる場合もあるので注意が必要です。小さなネズミでも1日35~50グラムもエサを食べるため、それだけ沢山の食べ物が見つからない場所をつくるべきです。

2、 ネズミが巣作りしにくい環境を作る
家の中に住みついたネズミは、家の中から紙や布、木など巣にできそうなあらゆるものを集めてきます。そして、他の動物がいない安全な場所である天井裏などに敷き詰めて暖かくて快適な巣を作るわけです。そのため、この巣の材料となる衣類やタオル、シーツなどをしっかりしたプラスチックケースにしまったり、タンスなどは隙間がないか確認する必要があります。

3、 ネズミが侵入しにくい家にする
いくらネズミにとって住みにくい環境であっても、家の外から入ってくる場合があります。家には、屋根のすき間や換気口、エアコンの排水ホースの差口などさまざまな隙間があるので対策が必要です。ホームセンターなどでも購入できるものもあります。金網やスチールたわし、モルタルなどが有効でしょう。

ネズミを超音波で退治しょう

いろんなネズミ予防対策をしていても、時としてネズミが現れることがあります。
100パーセント予防できるということは、なかなか難しく隙間がたった1.5センチあるだけでネズミは侵入してきます。
そのため予防も必要ですが、もしネズミに出くわした時の駆除対策が重要となります。駆除するために罠を仕掛けたり、殺虫剤をまいて退治しても、そのあとのネズミの処理に困ってしまうことありませんか?
ネズミの駆除退治の方法はたくさんありますが、どれもネズミを後処理しないといけないので、動物が苦手な人には苦となる作業です。
そんな時に出番なのが超音波式ネズミ駆除器です。
ネズミが嫌う超音波を発生させることで、ストレスをネズミに与えることができます。そして、ネズミが出ていき近寄らせない効果もあるのです。
駆除と言ってもこの方法なら、ネズミを捕まえたり退治しないので後処理もなく、ネズミ自らで出ていくので気楽です。

まとめ

ネズミがいる家といない家の違いから、ネズミの住みやすい家の特徴が分かりました。ネズミのエサをなる食材や巣の材料となる衣類を放置しないこと。そして、侵入を防ぐということでした。しかし、素人の私たちが対処しても100パーセント予防できるとは言えないのが現実です。
どこから侵入したのかを把握し侵入口を塞ぐとともに、しっかり駆除対策をプロに見極めてもらうことも必要であると言えるでしょう。

ネズミ駆除業者おすすめナビ一押し

おすすめねずみ110番

ねずみ110番

サイト名 ねずみ110番
URL http://www.interdependenceday.net/
TEL 0120-701-261
  • 公式HPはこちら
  • 徹底分析はこちら

ねずみ駆除のあれこれ

ページの先頭へ