ねずみ駆除のあれこれ

  • TOP
  • ねずみ駆除のあれこれ 飲食店にねずみが発生するリスクと駆除の手順

飲食店にねずみが発生するリスクと駆除の手順

害をもたらすイエネズミとその種類

人家やその周辺に住みつき、建物や電気機器などの内部から人間に害を与えるねずみのことを、一般にイエネズミと呼びます。イエネズミと呼ばれるねずみは、クマネズミ、ドブネズミ、ハツカネズミの3種類が日本では有名です。

クマネズミは、高い運動能力から、配管や細い電線の上を移動して走り回ります。侵入経路の特定が非常に厳しいと言われており、最近では毒エサへの耐性が付き、より駆除が難しくなった「スーパーラット」の出現が都市部や飲食店を中心に多くみられます。

ドブネズミは、室内では床下や床上に住みつき物陰に隠れて移動します。湿気の多い場所を好むため、水周りの近くに住む傾向があります。あまり高いところには登らないため、排水管や床下が主な侵入経路だとされています。

ハツカネズミは、イエネズミの中では最も小さいねずみです。どちらかというと郊外に生息していることが多く、倉庫や物置の中に生息していたものが荷物に紛れて都市部に運ばれてくることがあります。ただし、小さな身体を生かして至る場所から侵入し、高い繁殖力ですぐに世帯をつくってしまうため、決して侮ることはできません。

ねずみ被害の実態

そんなねずみによって飲食店において引き起こされるリスクは、さまざまなものがあります。

・食中毒の発生、病原菌の感染
・食材への食害や建物への被害
・漏電や火災のリスク
・店舗のイメージダウンや、客足の低下

ねずみによる衛生的被害によるダメージは計り知れない部分があります。特に飲食店では、一匹ねずみが発生してしまうと食材や建物だけではなく、集団食中毒や店の評判の低下にもつながりかねません。ねずみ一匹によって、衛生的、経済的、社会的にダメージを受けることになるのです。

ねずみは侵入予防が大切

飲食店は特にねずみ被害が多い場所とも言われています。常に食料のある場所でねずみの侵入を一匹でも許してしまったら、その高い繁殖力からあっという間にねずみの住みかにされてしまうかもしれません。ねずみの発生は、しっかりとした予防対策から抑えなければなりません。

すぐにできる飲食店でのねずみの侵入予防対策は、主に3つあります。

・生ごみや食べ残しを放置しない
・隙間や穴はすべて塞いでおく
・掃除、清掃をこまめにおこない清潔を保つ

これらは基本のことかもしれませんが、飲食店であるということから、忌避剤や駆除スプレーを撒くことは厳しいと思われます。やはり、ねずみが住みつかない生活環境を整えることが大切だと言えるでしょう。

ネズミ駆除業者おすすめナビ一押し

おすすめねずみ110番

ねずみ110番

サイト名 ねずみ110番
URL http://www.interdependenceday.net/
TEL 0120-701-261
  • 公式HPはこちら
  • 徹底分析はこちら

ねずみ駆除のあれこれ

ページの先頭へ